よくある質問

ここでは、お客様からお問い合わせいただく、よくあるご質問を集めました。
その他ご質問も、いつでもご相談ください。

Q2.希望の物件がなかなか見つからないのですが?


不動産は「運」と「ご縁」と「タイミング」に恵まれなければ思い通りの物件にめぐり合う事は難しいですね。きっと、あなたが欲しい物件には他にもライバルが大勢いる事でしょう。情報を待っているだけでは良い情報をつかむ事は難しいかもしれません。
弊社ではお客様ご希望の物件やその周辺への直接交渉・各戸へのチラシポスティングを行うなど積極的にネット以外でも売却物件を募集しています。物件のリクエストがございましたらお気軽にご相談ください。
また、当社には会員様限定で公開している『会員限定物件』も多数ございます。
メールアドレスとお名前のみのカンタン登録なので、ぜひご活用ください。
>>会員物件についてはこちら

Q3.自己資金はいくらあれば買えるの?


こちらは、非常に多くの方からいただくご質問です。
最近は「なかなか預貯金が増えない」「子供の入学が近いので自己資金の支出は極力抑えたい」などのご相談が多くなりました。
以前の住宅情報誌などを参考にすると、『自己資金は2割必要』などと記載されるケースが多かったのですが、近年は住宅ローン商品の拡充により『自己資金0円』でも金融機関から住宅取得資金を借入れることも可能な時代になっています。

ただし、弊社では無理なローン計画はお勧めいたしません。

例えば、下記2人が、新築戸建ての購入を考えていたとします。

○年齢25歳 年収400万円 子供1人 自己資金0円の方
○年齢45歳 年収550万円 子供3人 自己資金1000万円の方

ご覧いただければ分かるように、収入やお子さんの人数など、人それぞれ事情は異なるため、自己資金が『いくら必要?』とか『何%必要?』などといった画一的なローン計画は全く意味を持たないのです。
つまり、住宅取得計画は『オーダーメイド』であり、教育費や生命保険料なども含めた『それぞれの人生に必要な資金』を予測する事が、とても重要なポイントになります。

まず弊社ファイナンシャルプランナーが銀行ローンの仕組みと返済計画のコツからご説明させていただきますので、皆さまのご家庭に見合ったご予算を一緒に組み立てていきましょう。
>>無料ファイナンシャルプランナー診断についてはこちら

Q4.他社で売却を頼んだのに売れなかった。売却は依頼できる?


とても残念なことです。まず売れない要因を考えなければいけませんね。
売れない要因には「価格」、「環境」、「間取り」などいろいろあると思いますが、その他の可能性として「仲介業者による情報隠し」が挙げられるかと思います。
まず、あなたが依頼した物件情報は他の不動産業者へ『広告掲載許可』を出していますか?
実は、依頼を受けた仲介業者が他の業者へ『広告掲載の許可』を出していない事実を、ほとんどの売主様は知りません。
近年の不動産業界の営業方法は「チラシ広告」「ホームページ」「テレビCM」など多岐にわたり、その分販売経費も増加の一途をたどるため、仲介手数料を「売主様」と「買主様」の双方から徴収したいのが本音です。
つまり、この方法では数ある不動産会社のうち「たった1社」からしか情報の提供ができない事となり、結果としてお客様獲得の間口を狭めてしまう事となるのです。

結論として、早期・高値での不動産売却のコツは、「情報を隠さず、業者間で顧客探しのスピードを競う事」に尽きます。
弊社では、他業者への情報提供を行う事はもちろんのこと、『お値打な仲介手数料』と『顧客への情報提供スピード』を武器に早期の売却を目指します。もし、他社にて不動産売却中の方でなかなか成約に至らない場合は『不動産のセカンドオピニオン』としてご相談ください。
売れない本当の理由をズバリ診断いたします。

Q5.売却の時も仲介手数料50%キャッシュバックしてくれるの?


はい、お値打な仲介手数料で承らせていただきます。
もちろん売却手続きが完了するまでキャンペーン適用となりますのでご安心ください。
弊社売却システムは、売主様・買主様双方の仲介手数料を安価に設定する事により、お互いがWIN+WINの笑顔になるような不動産取引を目標としています。また安価な手数料は物件の長期滞留(在庫化)による【販売の長期化→→→販売価格の下落】という負のスパイラルに陥るリスクも低減しています。
不動産売却をご希望の方は、購入者の気持ちになって『どのようなサービスの仲介業者から購入したいか?』を考えてから売却依頼を行ってはいかがでしょうか?

PC用表示で見る
スマートフォン用表示で見る